記事一覧

人気ブランド元デザイナーが大人の女性向け「ラムシェ」をスタート 中国企業が日本法人で立ち上げ

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpgアップロードファイル 9-4.jpg

安原瑠美が2018-19年秋冬シーズンから、自身のブランド「ラムシェ(RUMCHE)」をスタートする。運営は、安原が長年付き合いがあるという中国の縫製企業、南通新天倫が設立した日本法人、S&Yインターナショナルが行うもので、「ラムシェ」は同社第1弾ブランドになる。
安原デザイナー兼ブランドディレクターはこれまで旧姓の近瑠美の名前で活動してきた。マークスタイラーの「ダズリン(DAZZLIN)」ではクリエイティブ・ディレクターとしてブランドを成長させた後、15年1月に退社。その後はフリーランスとして、バーンデストローズジャパンリミテッドが運営する「レディアゼル(REDYAZEL)」のリブランディング以来、デザインを手掛けている。現在34歳で、9カ月の娘を持つママになり、自分が小さい頃に着ていた服や母となった今の自分が着る服について祖母や母と話す機会が増え、3世代で楽しめて“一生永く着られる、デイリーなデザイン服”を作りたいと新たな思いを込めた。ブランド名は、名前の瑠美と好きな食べ物のチーズを掛け合わせ、フレンチ風にした造語。
メード・イン・ジャパンにこだわる商品は今シーズン、愛知県・尾州で作ったオリジナルテキスタイルを約8割のアイテムに採用。コーデュロイにチェック柄をプリントしたワンピースやコクーンシルエットのピーコート(各6万9000円)、後染めしたタータンチェックのドレス(5万9000円)などがそろう。
キーアイテムとするのは、これまで得意としてきたスカートではなくパンツ。特徴はサイドからセンターに絶妙に切り替えて形成した、丸みを帯びたシルエットだ。ブラウスやジャケット、セーターと合わせ、レトロでフェミニンに仕上げる。商品の価格帯はコート6万〜10万円、ジャケットとブルゾン4万〜8万円、ワンピース3万〜7万円、スカートとパンツ2万5000〜5万円、ブラウス2万5000〜4万5000円、ニット2万〜4万5000円、カットソー1万〜3万5000円。
生地から一点一点こだわったアイテムは、安原自身が自宅で1アイテムのスタイリングを複数考えたり、30〜70代の友人や家族に試着してもらいサイズ感を調整するなど、商品力だけでなく、幅広い層が着こなせる提案を考える。「これまでのテイストとは違う、自分の年代から上の新たな世代に向けた。自分自身、赤ん坊を抱っこして尾州の機屋に行き、70歳の職人さんとテキスタイルの話をしたりして、服を作っていくことが本当に好き。有名なファッションの専門学校を出ていなくても、ファッションに対する思いがあればそれを形にすることができると実感している」と話した。また、将来的にはコレクションピースも作りたいと意気込む。

「Y/プロジェクト」のグレン・マーティンスがインパクト大の「アグ」とのコラボブーツを語る

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpgアップロードファイル 8-4.jpgアップロードファイル 8-5.jpg

近頃、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)やサミュエル・ロス(Samuel Ross)を筆頭に、建築をバックグラウンドに持つデザイナーが活躍している。グレン・マーティンス(Glenn Martens)もそんなデザイナーの一人だ。もともと建築を学んでいたが、ひょんなことからアントワープ王立芸術アカデミーにデザイン画を送ることになり、見事合格。建築で養った感性を生かしたシルエットは、脱構築的で斬新とすぐに評判となり、アントワープ卒業後は「ジャンポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)」のデザインチームに参加。その後、ヨハン・セルファティ(Yohan Serfaty)「Y/プロジェクト(Y/PROJECT)」デザイナーのファースト・アシスタントとして手腕を振るい、参加からわずか2年で同ブランドのクリエイティブ・ディレクターに就任した。2017年にはフランス国立モード芸術開発協会主催の「ANDAMファッション・アワード(ANDAM Fashion Award)」でグランプリを受賞し、19年にはゲストデザイナーとしてピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO)の19-20年秋冬メンズ・コレクションを発表するなど、躍進著しい。

そんな次世代のファッションシーンを担うであろうマーティンスに、クリエイティブ・ディレクター就任の経緯から、デザインのバックグラウンド、18-19年秋冬コレで強烈なインパクトを放った「アグ(UGG)」とのコラボブーツ、そしてブランドの展望までを語ってもらった。

13年にクリエイティブ・ディレクターに就任したが、その経緯は?

設立者のヨハンが亡くなってしまったタイミングで、ブランドの最高経営責任者(CEO)であるジル・エラロフ(Gilles Elalouf)から「クリエイティブ・ディレクターに興味はないか?」とアプローチを受けたんだ。引き受けるかどうか、とても悩んだよ。だってヨハンと共にブランドで働いていたスタッフはもちろん、顧客だって喪に服している状態で引き継ぐんだ。でも受け入れて、ヨハンに敬意を表して彼のクリエイティブにできるだけ近いクリエイションから始めて、ゆっくりとゆっくりと僕自身のクリエイションに寄せていった。僕のアイデンティティーを全面に打ち出したコレクションを見せるまでに2年を要したよ。それからは“らしさ”を全面に出して、「Y/プロジェクト」の新しい一面を開拓していった。今では、就任当初とまったく違うブランドになっているよ。

ブランド名の「Y」と「PROJECT」は、それぞれ何を意味している?

「Y」は設立者のヨハン・セルファティからだけど、「PROJECT」についてはきちんと説明を聞いたことがないから、本当の意味は僕にも分からない。個人的に「PROJECT」は、洋服だけにとどまらず、音楽から芸術まで彼のクリエイティブなビジョンすべてを表す言葉だと思っているよ。

ヨハンの他に影響を受けたデザイナーは?個人的にはマルタン・マルジェラ(Matrin Margiela)かと。

90年代の人間だから、マルジェラと共に育ったと言っても過言ではないね。マルジェラは、単なるデザイン以上のものをつくりあげる人物だ。もちろん他のデザイナーにも刺激を受けていて、華やかなジョン・ガリアーノ(John Galliano)時代の「ディオール(DIOR)」も、ラフ・シモンズ(Raf Simons)の概念も、ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)の奇抜さも大好きなんだ。アントワープ王立芸術アカデミーに入ったのも、アントワープの6人(Antwerp Six)を追いかけていたからさ。今、1990年代と2000年代が再び注目を集めているけど、それは90年代に子どもだった僕らの世代が大人になり、自分たちのアイデンティティーを形成した時代を振り返っているからであって、自然なことだと思うよ。

脱構築的だったり、いろいろな要素をミックスさせたりするアイデアはどこから着想を得ている?

多様性を重要視している。やりたいことをやるべきと考えているからこそ、アイデアはあらゆるところから湧いてくる。今後、「Y/プロジェクト」でスポーツや、ストリート、クチュール、テーラリング、コルセット、ランジェリーなど、全く異なる着想源やコンセプトのあらゆる種類の洋服で構成する1つの広範なコレクションを作る計画があるんだ。

建築を学んでいたこともデザインに活きている?

建築物を設計することと、洋服におけるパターンを考えることは、“構造が大事であること”という点で非常に類似しているね。

ヴァージルやサミュエルなど、建築をバックグラウンドに持つデザイナーが注目されている。

注目を受ける理由はそれぞれある。それこそがファッションの面白いところで、成功するためのルールや理由なんてないんだ。とにかくファッション業界は、さまざまな才能であふれていると思うよ。

ヴァージルのようにメゾンへのデザインに挑戦したいと思う?

僕の中では常に「Y/プロジェクト」にプライオリティがある。就任した当初は、従業員が4人しかいなかったけど、今では25人もいる。アカウント数も5から170まで増えて、売上は700万ユーロ(約9億円)を達成した。ビッグブランドではないけど、驚くべき速さで成長していることは間違いない。今はとにかく「Y/プロジェクト」をもっとメジャーなファッションブランドにすることだね。

次世代を担う意味合いで、“NEXT OFF-WHITE”と称されることもあるが。

どちらもある意味でストリートウエアブランドだと思うけど、「Y/プロジェクト」の“ストリート”はコレクション全体の20〜30%しか占めていない。僕らにとってのストリートは、日々の暮らしを映し出す“リアリティ”という意味合いかな。だけどストリートからすべてのインスピレーションを得るようなブランドはいつの時代でも必要だと思っていて、今はそれが顕著だよね。

紗羅マリーが魅せるROYAL PUSSYの2019年秋冬コレクション

アップロードファイル 7-1.jpg

多くのミュージシャンやアーティストを虜にするROYAL PUSSY(ロイヤルプッシー)から2013年秋冬コレクションムービーが到着。出演するのは、前回の春夏コレクションに引き続きモデルの紗羅マリー!

テーマは“東京の日常”。ROYAL PUSSYのイメージ同様に強く媚びない美しさを持ちながら、感情豊かに様々な表情を魅せてくれる紗羅。そんな彼女を見つめるのは、パリコレでも活躍するメンズモデルの山下翔平。冬らしい切なさを交えた哀愁漂うショートムービーに、ROYAL PUSSYのブリティッシュなストリートウェアがキラリと光る☆

そして音楽を担当したのは、人気急上昇中のロンドンで活動するバンドBO NINGENのギタリストを務めるKohhei Matsuda。ロンドンの街の自然音をサンプリングするなど、ストリートをリアルに写し出した淡く美しいサウンドが完成。その他にも、映像ディレクターには幅広いミュージックビデオを手掛ける石田悠介、スタイリングは多くのファッション雑誌でも活躍する島田辰哉といった若手の気鋭アーティスト達を起用。

また、ROYAL PUSSYは10月8日と9日にはラフォーレ原宿で開催される合同展示会“DePART”に参加。23ものブランドが出展し、ファッション、音楽、カルチャーを発信するこちらのイベントに、紗羅マリーもゲストLIVEで参加予定。ムービーをチェックしたら、これまでとはひと味違ったROYAL PUSSYの世界観を体感しに行ってみて♪